動脈硬化には、活性酸素が大きく関わっていることを知っていましたか?動脈硬化と言えば、コレステロールが原因と考える人も多いのではないでしょうか。確かにコレステロールが原因だというのは間違いではありませんが、実はこのコレステロールに活性酸素が攻撃を加えることで、コレステロールが酸化してしまうことが動脈硬化の最も大きな原因と考えられています。活性酸素の攻撃を受け、コレステロールが酸化してしまうと、白血球の一種でマクロファージと呼ばれる細菌や異物を食べる免疫細胞が、コレステロールを限界まで食べ始めてしまいます。酸化したコレステロールを食べ過ぎてしまったマクロファージは泡沫細胞となり、血管組織に付着し、この泡末細胞が増えることで血管の脂肪層を厚くしてしまいます。血管の脂肪層が厚くなると、もちろん血流の流れは悪くなり、その結果、動脈硬化を招いてしまうのです。コレステロールというと、悪いイメージばかりが先行しますが、実際は身体にとってはなくてはならない物質です。そのため、動脈硬化を予防するためには、コレステロールを除去するのではなく、まず、このコレステロールを攻撃する活性酸素を体内から除去するということを、優先して考えなくてはいけないと言えるでしょう。コレステロールに悪影響を及ぼす活性酸素の除去には、抗酸化力の高いビタミンEやビタミンCを取ることが効果的です。抗酸化栄養素を多く摂取し、活性酸素の除去を心がけると良いでしょう。